時計を使ったファッション

まずは認識を改めよう

 近年では時計をしている人を見かける機会が減少しました。これは携帯電話やパソコンなどがその機能を持っているためです。

 そのため、時間を表示するという機能しか持たない時計は、機能的に必要ないと判断され、切り捨てられたのです。

 しかし、これはファッション的な意味では大いなる損失と言えます。使いようによってはコーディネートをするときに大いに役立つからです。

 しかしそれはブランドものの使用を必ずしも意味しません。そこを認識することから始めましょう。

時計の種類とその考察

 時計は二つのタイプに分かれています。クオーツ式と機械式です。

 まだそれを身につけている人が持っているものの大半は前者となります。電池で電子部品を動かして時を刻むこのタイプは、定期的な電池・部品交換がなければ動かなくなるため、メンテナンス体制が脆弱だと寿命が短くなります。

 一方、機械式だと電子部品は使わずにゼンマイを手で巻き上げて動かすことになるため、前者に比べるとメンテナンスの手間は小さく、長持ちします。極論を言えば職人さえいれば、何度でも蘇ります。

その優劣についての考察

 クオーツ式と機械式、そのどちらがファッションとして優れているのかと言えば、基本的にはケースバイケースとなります。こだわりのあるマニアなら歴史的背景を持つものを好む傾向にありますが、それは時計としての価値であって、服との相性とは関係ありません。

 そのため、アクセサリーとしてそれを身につける場合は、そのデザインに確たる理由があるものだけを使うようにしましょう。

 これは何となくこんな形にしたというものだと、薄っぺらく見えるためです。

 自分がこだわりを持って選んだものだと、人に示せるようなものを身につけるようにしましょう。

シンプルでありながら気品のある女性らしさを感じる事が出来るシャネルの時計は、世界中のセレブや女性から指示されています。

Comments are closed.